sea moon

sea moon

~女ひとりでインド・ネパール旅~

南インド総集編 ~女ひとり南インド、敗北~

2018/01/16~2018/01/24 南インド(South India)
 
北インドよりも人々が穏やかで素晴らしいと聞いていた。
そしてそんな南インド旅の始まりは、どの旅人も絶賛する「ハンピ」という町。
旅人の沈没地としても有名なハンピ。
 
※沈没…旅人用語。居心地が良すぎて、ダラダラと数週間~数か月も滞在してしまう事。
 
ハンピの景色は、確かに素晴らしかった。
だけどそのハンピで、私は1泊しかしなかった。
 
南インド自体も、私はわずか1週間しか耐えられなかった。
急きょ航空券を手配して、私は逃げる様にインドを出国した。
まだまだ行きたい町はたくさん残っていたのに。
 
これ以上この場所にいたら、「インド自体」を嫌いになってしまいそうだったから。
 
私は、南インドが嫌い。
 
私が男なら、もしくは1人旅ではなかったら、 南インドが好きになったかもしれない。
 
だけど「女」で「一人旅」での南インドは、不快な旅でしかなかった。
 
確かに、声を掛けてくる人の総数は減った。
だけど声を掛けてくる人ひとりひとりの質が変わった。
ローカルと関わる度に、私の不快指数がどんどん上昇していった。
 
そして不快の原因は、大まかに2パターン。
 
私を「女」として見てくる、セクシュアルハラスメント的な不快感。
私を「外国人」として差別的な目で見てくる、高圧的な態度への不快感。
 
南インドは教育水準が他と比べて高いから、高飛車になっているという面もあるんだろう。
 
だからこの期間は日記を書いていないし、思い出を語る気にもなれない。
だけど「景色」は美しかったから、ダイジェストでまとめる事にした。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
■「ハンピ」
旅人お勧め度No1の町。
 
大岩が織りなす光景が、なんとも素晴らしい。

 

f:id:tabi-kurage:20180406170828j:plain

 
だけどメインの「ハンピ村」は、政府の方針で宿泊ができなくなっている。
日本人に大人気の宿もこのハンピ村にあって、美しい岩の町の麓で過ごすのが醍醐味だったみたい。
宿泊禁止になったのが最近だから、この先の旅人の感想がどう変わるのかは未知数だけど。
 
今は、「ハンピ村」の対岸にある「ヴィルーパプール・ガッディ」に滞在ができる。
のどかで素晴らしい場所なのだけど、ハンピ村に観光に行くのに逐一船を待つ必要があるのが難点。(片道20ルピー/36円)

f:id:tabi-kurage:20180406170743j:plain

f:id:tabi-kurage:20180406170747j:plain

 
そしてこの街も間もなく宿泊禁止になって、バスで30分のホスペットという町から通う事になるらしい。
ハンピ村へ入るのに入村料を取り、村ごと観光地化する計画なのだとか。
ホスペットは普通の雑多な町だから、「のんびり滞在」が人気だったハンピの魅力は、少なからず下がってしまうんじゃないかな。
 
村の賑わいから離れて、岩山歩きをしている時は楽しかった。
 

f:id:tabi-kurage:20180406170857j:plain

f:id:tabi-kurage:20180406170915j:plain

f:id:tabi-kurage:20180406170930j:plain

 
そして「ヘナタトゥー」初体験。
「ヘナ」という植物を使って描くタトゥーで、インドの多くの女性が入れている。
2~3週間ほどで自然に消えるから、とってもお気軽。
 
描いてもらった直後は、焦げ茶色。
 

f:id:tabi-kurage:20180406170812j:plain

 
そして乾いてポロポロと剥がれ落ちた後に、タトゥーとして跡が残る。
 

f:id:tabi-kurage:20180406170817j:plain

 
ハンピに到着した翌日、急きょ次の町への夜移動を決意した。
 
決め手は、宿のスタッフ。
初日の夕方、ハンモックに腰を掛けてくつろいでいたら、後ろから両手で目隠しをされた。
それって、高校生くらいのカップルがやるやつ!
 
その事をきっかけに、私を見かける度にしつこく纏わりついてくる様になった。
私ははっきりと不快感を示しているというのに。
外で何があっても、宿は憩いの場であってほしい。
 
わずか1泊。さよならハンピ。
 
夜行バスと電車を乗り継いでケララ州「アレッピー」へ。
 
 
ケララ州「アレッピー」→「コーラム」
 
 
ここで初めて、南インド料理を食べた。
海に面したケララ州は、インドでは珍しく「魚」が名産。
そして南インド料理は、バナナの皮に包まれて出されるスタイル。
 

f:id:tabi-kurage:20180406170958j:plain

 
ケララ州へ来た目的は、「バックウォーターの旅」をする事。
次の町「コーラム」までバスで1時間半で行けるのに、運河沿いを船で8時間かけて移動する。
 
アレッピーは、何となく居心地の良さを感じた。
夜に着いて朝に出発しただけだから、何とも言えないけど。
だけど宿が1泊分しか確保できなかったし、バックウォーター以外に目的もなかったから早々に去った。
 
のんびりとした船の旅。
 

f:id:tabi-kurage:20180406171010j:plain

 
もし1人旅じゃなかったら、「ハウスボート」という宿泊用の船に乗ってディープな場所まで行きたかった。
だけど私1人の為に「船長」や「専用のコックさん」まで付ける旅なんて、気分的に贅沢過ぎると思ってやめた。
 

f:id:tabi-kurage:20180406171013j:plain

f:id:tabi-kurage:20180406171017j:plain

 
途中で2回、休憩の為に船を降りる。
1度目は食事休憩。
2度目はお茶休憩。バナナのお菓子を食べた。
 

f:id:tabi-kurage:20180406171031j:plain

 
船員さんが、もうすぐ像が見えてくるよと教えに来てくれた。
この船は、船長さんも船員さんも感じのいい人。
 

f:id:tabi-kurage:20180406171039j:plain

 
そして陽が落ちたあと、「コーラム」に到着。
 
宿の目星が全くついていない。
ふらふらと彷徨う。
 
ローカル風の「Hotel」を見つけて尋ねるも、「ここに部屋はないよ」と言われる。
「満室」という意味ではなくて、「ここは宿泊施設じゃない」という意味で。
 
え?でも「ホテル」だよね??
 

f:id:tabi-kurage:20180406171044j:plain

 
そんな事を2~3件繰り返す。
諦めて、少し高そうなホテルに行ってみる。
 
そこも「ホテル」じゃなかった。
 
え?「プリンスホテル」だよね??
 

f:id:tabi-kurage:20180406171050j:plain

 
2時間くらい探しても見つからない。
もう仕方がないから、明らかにホテルとしか思えない建物に入る。
 

f:id:tabi-kurage:20180406171057j:plain

 
ホテルだった。
 
だけど1800ルピー(3240円)もすると言う。
「ディスカウントして~(泣)」と泣きついたら、900ルピー(1620円)にまけてくれた。
 
※後でわかった事だけど、南インドでは「レストラン」の事を「ホテル」と呼ぶらしい。私は、レストランに入って「部屋は空いてますか?」と聞いて回っていたわけだ。
 
 
■「カニャクマリ」
 
インド最南端の地。
太陽が海から昇り、海に沈む場所。
アラビア海、インド洋、ベンガル湾の、3つの海が混ざる場所。
 
長い旅の果てに、ようやく辿りついたという旅情感に浸れる場所かと思っていた。
 
だけどこの町は、本当に最悪。
ごめんだけど、ブッダガヤーの時みたいに「この町のいいところを探しに行こう」とすら1ミリも思えなかった。
最南端の地点だけさらっと見に行ったら、あとはホテルに引きこもっていた。
「インド料理」すら食べる気分になれなくて、不味いホテルのトーストとクッキーで空腹を満たした。
 

f:id:tabi-kurage:20180406171102j:plain

f:id:tabi-kurage:20180406171108j:plain

f:id:tabi-kurage:20180406170732j:plain

 
西インドの旅を経てこの国が大好きになっていた私は、西インド人とのギャップを受け入れられなかった。
 
WiFi」使えると言うからチェックインの手続きをしたのに、実際は使えなかったからキャンセルをしたら怒鳴られた。
(もちろん入室前。チェックイン中のレセプションにて。)
「なんでだよ!!!!金払え!!!!おい!!!!」
 
物乞いの女性に、「金を出せ!!!!!」と激しく言い寄られた。
 
記念館に入ろうとしたら、「寄付を払え!!!!!」と高圧的に要求された。
 
断っても断っても、客引きがストーカーの様に付きまとってくる。それも何人も。
 
若い男たちに「一緒に写真を撮ろう」と言われて断ったら、悪態をつかれた。
その後もジロジロとずっとこっちを見てくるから、私は立ち去らざるを得なかった。
 
人目を避けて、一人岩陰で海を見ていたら、遠くから私を発見した男たちが、わざわざ岩を越えて傍に寄って来た。
「一緒に写真を撮ろう」
断っても断っても傍から離れないから、私が怒った様子で立ち上がってその場を離れようとすると、
「ごめんごめん!わかったから、ここにいていいよ!」
と慌てて止められたのだけど、私は振り返らずにプンスカと立ち去った。
 
宿は大きな中級ホテル。...とは言っても1泊1000ルピー(1800円)だけど。
さすがに不快な態度を取るホテルマンはいない。
 
ホテルなのに「今までどこを旅したの?」「隣の〇〇っていう町がお勧めだよ」なんて穏やかに世間話をしてくれる。
ホテル内では、安心して過ごすことができた。
 
用もないのに夜や朝に内線電話がかかってくる。
 
「チェックアウトは明日?」
「今日はもう寝るの?」
「おやすみなさい」
 
「おはよう」
「チェックアウトは今日だよね?」
「何時に出るの?どこに行くの?バス?電車?」
 
私はこれを変だとは思わなかった。
だけど帰国後に人に話したら、それは変だと言われた。
他の人々が強烈過ぎて、感覚が麻痺していたのかもしれない。
 
 
本当はこの後に行きたい町が何ヵ所かあったのに、私はここから15時間も列車に乗った先にある「チェンナイ」まで、一気に北上する事にした。
チェンナイには1泊もせず、そこからマレーシアのクアラルンプール経由の飛行機に乗って、日本に帰る。
 
カニャクマリの滞在はわずか2泊だったけど、それでも長くて耐えがたかった。
早く日本に帰りたかった。
やりきって、清々しく帰国するわけではない。
逃げ帰る様に終わった、私のインド旅。
 

f:id:tabi-kurage:20180406170737j:plain