sea moon

sea moon

~女ひとりでインド・ネパール旅~

インド人の女の子とゆく、アジア最大のスラム「ダラヴィ」

2018/01/14 ムンバイ(Mumbai) India
 
今日は、インド人の女の子とデート。
彼女とは、語学留学の為に滞在していたグルガオンという都市で出会った。
その時はたまたま出張でグルガオンに来ていて、彼女の本拠地はここムンバイ。
日本語がペラペラな、キュートな女の子。
 
12時に、インド門の前で待ち合わせ。
家はとても遠い所にあるというのに、わざわざここまで来てくれるという。
 
だけど、こんなにたくさんのインド人の中から、彼女を見つけられるか心配。
向こうが私を見つける方が簡単だと思うので、それに賭けよう。
私はWiFi環境がないと彼女と連絡が取れない。
こういう待ち合わせって、大変だ。
 
10分ほど経って、彼女が「ごめんなさ~い!」と両手を合わせながら走って来た。
よかった!無事に逢えた!
 
彼女が選んだお店でランチを食べる為に、タクシーに乗る。
運転手も詳しい場所はわからないみたいで、人に尋ねながらタージ・マハル・ホテルの裏手に着く。
ここは...歩いてこれる距離だよね。...なんて言えないけど。
 
入り口にガードマンがいる、立派なお店。
中も素敵な、モダンな雰囲気。
 
お肉とパスタをシェアして食べる。
美味しすぎる...!
 

f:id:tabi-kurage:20180402161752j:plain

 
彼女が店員さんと英語で会話をしている。
 
相手の顔を見て、英語が話せそうな人だと思ったら英語で話すんだって。
思考をするときはヒンディーだし、話す時もヒンディーの方が得意。
だけど、練習の為になるべく英語を使いたいと。
 
そうなんだね、インド人同士なのに英語で会話するって不思議だけど。
だけどインドには多くの言語があって、ヒンディーを話せないインド人もいる。
だからやっぱり英語で話すのが一番なのだ。
 
お会計は、彼女がしてくれた。
私は払いたいと言ったのだけど、払わせてくれなかった。
 
 
歩いて駅に向かう。
今日の目的は、アジア最大のスラム「ダラヴィ」
 
液へ向かう途中、野外に椅子と机が並んでいるスペースがあったから、「ここは何か」と彼女に聞いてみた。
すると、そこにいた人に聞いてくれて「ここは勉強をする場所だ」と教えてくれた。
凄い...簡単に話しかけちゃうんだね。知らない人なのに。
 
駅に着くと、チケットブースは長蛇の列。
だけどインドのクレジットカードを持っていれば、自動発券機を使う事ができる。
彼女が2枚分発券してくれたから、私は現金で払おうとするのだけど、受け取ってくれない。
タクシー代もランチ代も払ってもらっちゃったし、申し訳なさすぎる。
「申し訳ないよ、払わせて」と言うんだけど、どうも日本語だと柔らかくなってしまう。
「I want to pay!」と、英語で強めに言ってみた。
意味なかったけど。
 
彼女とは、基本的には日本語で会話をする。
だけど彼女もまだまだ勉強中の身なので、日本語で不足がある部分は英語になったりする。
 
だけど英語で少し「補足」をしたら、流れで「ペラペラペラ~」っと英語になっちゃう時があるから困惑。
私、語学留学をしていたとはいえど、そんなに喋れないからね!...っと伝わっているんだろうか。
 
電車内に、女性と子供が座り込んでいた。
 
彼女「彼女たちも物乞いだよ」
私 「彼女たちは、仕事に就くことはできないの?」
彼女「できる。だけど、しない。」
私 「何で?」
彼女「まず、自信がないから。それに、物乞いをする方が楽。」
 
止む負えず物乞いになった人だけではなく、望んで物乞いをしている人たちもいるのだ。
そういう人たちが、インド各地から遥々ここムンバイへやってくる。
華やかな世界を求めてやって来る豊かな人々もいる反面、貧しい人々も集まってくる。
だから、こんなにも大きな「貧」と「富」のギャップが共存しているのだ。
 
 
ムンバイには、腕や足を欠いた人や両目が潰れている人がたくさんいる。
その事について、彼女に尋ねてみた。
「物乞いの為に自ら、または幼いころに大人にやられたのか」と。
 
ネパールのカトマンズでも、ネパール人の友人に同じ質問をした事があった。
彼は、2つの理由を教えてくれた。
まず1つは、生まれつき。
母親が妊娠中に満足に栄養が取れなかったり、お金の為に出産ギリギリまで仕事をしてしまった事が原因。
もう1つは、交通事故。
 
彼女は、「スラムドッグミリオネアを見たんですか?」と聞いてきた。
まさに、その通りだった。あの映画には、そういう描写があった。
だけど彼女は、「わからない」と言う。
そうだよね、私だって日本のホームレスのバックグランドなんて知らないや。
 
だけどネパール人の彼が言う理由だけだとしたら、その全員が「男性」というのは不自然過ぎる。
「女性」はわざわざ哀れな外見にしなくても、他にも稼ぐ手段があるからそうしないのではないか。
やはり「男性」は故意にそうなっているのではないか。
そしていくらなんでも、自分の意思で大切な身体を傷つけたいわけがない。
幼いころに、大人にやられたのではないか。
そんな風に思うのだけど、実際のところはわからない。
 
 
目的の駅に着いた。
線路沿いは、既にスラムだった。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161758j:plain

f:id:tabi-kurage:20180402161804j:plain

 
階段を下りていくときに、2人の男性とすれ違う。
彼女が、彼らの会話を翻訳してくれた。
 
「1人はインド人だったけど、もう1人はネパール人だったね」
 
私、中国人や韓国人に見られる事はよくある。
同じ東アジア人だもん、それはわかる。
だけど「観光客慣れしていないインド人」からは、たまに「ネパール」や「アッサム(インドの北東の山岳地方)」の出身と間違われる。
どうやら顔が似ているらしい。
不思議。ルーツが一緒なのだろうか。
 
蛇足だけど、たまに「インドネシア人」「マレーシア人」と間違われる事もある。
 
 
皆、線路を渡って行く。
私が「ここを渡るの?」と聞くと、彼女は地元の人に聞いて正式な(?)出口を見つけてくれた。
 
ここまで彼女と行動してわかったのは、知らない人と躊躇いなく会話ができるという事。
日本でだったら、道を尋ねるなどはあっても、「ここで何してるの?」とか「私たちも線路を渡る必要ある?」なんて聞かないよね。
 
私が「ダラヴィの人はどんな仕事をしてるの?」と聞いた時も、「じゃあ、着いたら彼らに聞いてみますね」と言われた。
そんな事、聞けちゃうんだね。
 
私が日本で同じ様に振舞ったら、どうなるだろう。
日本での暮らしが、もっと楽しく豊かになるのかな。
それとも白い目で見られるばかりで、悲しい気持ちになるのかな。
 
 
歩いてダラヴィに向かう。
着いたところは、「いつもの田舎の町をもっと汚く古くした感じ」という印象。
ベースのインドの雰囲気は、あまり変わらない様に感じる。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161834j:plain

 
野菜なんかも売っているし。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161848j:plain

 

「ダラヴィレストラン」もある。

 

f:id:tabi-kurage:20180402161853j:plain

 
近くに工場あるとかで、水が凄く汚い。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161811j:plain

 
 
この辺りは、イスラムのエリア。パキスタンの国旗が掲げられている。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161906j:plain

 
いつもより「凄く」古くて汚い町なのだけど、イメージしていた「スラム」とは違う。
「普通」にお店が立ち並んでいて、みんな「普通」に仕事をしていて、人々の雰囲気も「普通」。
もっと物乞いや廃人の様な人がたくさんいて、淀んだ雰囲気の場所なのかと思っていた。
 
ここは、世捨て人の集まる場所ではない。
貧しい人々が、生活費の安い場所を求めて集まってきているだけだ。
みんな、安く普通に生活をしている。
 
路地に入ってみる。
 
ここにも、パキスタンの国旗。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161913j:plain

f:id:tabi-kurage:20180402161917j:plain

 
そして、この左の建物は「学校」。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161931j:plain

 
更に路地の路地に入ってみる。
 

f:id:tabi-kurage:20180402165540j:plain

 
この階段の上にあるお宅にお邪魔させてもらえる事になった。
彼女が、交渉してくれたのだ。
見ず知らずの人に、そんなお願いができるなんて凄い。
 
入ってみて驚く。
 
床はとても綺麗で、水回りも清潔。
もちろん、靴を脱いで上がる。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162109j:plain

f:id:tabi-kurage:20180402162103j:plain

 
冷蔵庫も洗濯機もある。
ただ、「狭い」というだけで、それ以外は普通に綺麗なお宅だ。
奥さんも、快い笑顔で受け入れてくれた。
 
ここは、公共のトイレ。
トイレ掃除の人も、ちゃんといるんだって。(中は見ていないけど)
 

f:id:tabi-kurage:20180402162118j:plain

 
 
そして、ここで子供たちと写真を撮ったりしながら戯れる。
みんなとても元気が良くて、明るい子たち。
 
しばらく遊んでから立ち去ろうとしたら、一人の子が慌てて追いかけて来た。
 
「さっきは、ネパール人と言ってしまって本当にごめんなさい...!」
 
えーー!別にいいのに!なんていい子なんだろうか。(涙)
きっと彼は素敵な大人になるに違いない。
 
 
あるお宅にお呼ばれをしたので入ってみる。
チャイを振舞ってくれた。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162131j:plain

 
食べ物まで振舞ってくれた。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162139j:plain

 
ここでも、たくさんの写真を撮る。
インド人は、セルフィーが大好きだ。
 
この後も、また別のお宅にお邪魔させてもらった。
 
知らない人を快く招き入れてくれるなんて。
そしてもてなしてくれるなんて。
とても素敵な地域じゃないかと感じる。
 
ダラヴィには、私設の塾もある。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162143j:plain

 
また別の路地に入る。
彼女は怖いから嫌だと言うんだけどね。
グイグイ住民と話しているのは彼女の方なのに。笑
 

f:id:tabi-kurage:20180402162159j:plain

f:id:tabi-kurage:20180402162206j:plain

 
女の子が、「みてみて!」と可愛い小鳥を持ってくる。
男の子が、「みてみて!」と謎の球技を披露してくれる。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162210j:plain

 
あちこちに、神様が祀られている。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162223j:plain

 
室内魚を売っているお店もある。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162214j:plain

 
チャパティの製作所もあった。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162219j:plain

 
インド人はアクセサリーが大好きだから、ずらりとアクセサリーショップも並んでいる。
こんなに高そうなのに...需要あるんだ。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162147j:plain

 
そしてムンバイで有名だという「皮製品」を売るエリアもある。
みんなここに買いに来るのだとか。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162230j:plain

 
別の路地もあったけど、もう入らない。
 
そしてあれは、「スラム」ではないんだって。
古いだけで。高い建物はスラムとは言わないらしい。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162238j:plain

 
そしてこのダラヴィ、政府が改革をしようとしているらしい。
今年か来年には、ダラヴィの人々の為に高層ビルを建設する予定なのだとか。
それは、今この地域に住んでいる人々の暮らしがよくなるからいいね。
だけど、それを求めて更に多くの人がインド中から殺到したら、人口密度が更に上がって不衛生になるんじゃないかと心配になる。
 
全くイメージと違った、アジア最大のスラム「ダラヴィ」。
 
今日は盗難に備えて、貴重品の分散を普段より念入りにしてきたというのに。
全く「怖い」「危ない」目に遭う雰囲気なんて感じられなかった。
 
物乞いや物売りがたくさんいるかなと思って、10ルピー札を沢山用意していたのだけど、1枚も使う事はなかった。
 
人々が温かく、優しく迎え入れてくれる、素敵な町だった。
 
そして彼女がいてくれたから、こんな交流ができたんだと思う。ありがとう!
 
 
帰りの電車をホームで待つ。
たくさんの人が乗っている。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162243j:plain

 
駅に戻って来た。
トイレに寄るついでに、ドーナツを食べる。
これは私が購入。やっと払えた!
 

f:id:tabi-kurage:20180402162252j:plain

 
...と思ったら、アイスを買ってもらっちゃった。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162258j:plain

 
絶対に知らなきゃアイス屋さんと思わない外見のお店。
凄く美味しい。穴場のアイス屋さん。
 

f:id:tabi-kurage:20180402162309j:plain

 
そして、彼女のお気に入りの場所「夜のマリーンロード」。
昼に来た時は、あまり感動しなかったのだけど。
夜は湾沿いにたくさんの光が灯っていて、とても綺麗。
「ムンバイのネックレス」と呼ばれているんだって。
 

f:id:tabi-kurage:20180402161733j:plain

 
たくさんの人が、のんびりと過ごしていた。
 
私たちも、少しの時間語り合う。
2人で出かけたのはこれが最初なのだけど、彼女はとても過ごしやすい時間をくれた。
 
そして、なんとお土産までくれた。
髪留め2つと、インド製のカバンと。
 
何から何まで...おもてなしされすぎて恐縮。
私は彼女に、何もできていないのに。
果たしてこれでいいのだろうか、私は。
 
 
ありがとう。
とても素敵な、ムンバイ最終日。
そして素敵なインド人の友達ができて、とても嬉しい。