sea moon

sea moon

~女ひとりでインド・ネパール旅~

【世界遺産】エローラ ~100年以上の時をかけて浮かび上がる壮大な石窟群~

2018/01/08 アウランガーバード(Aurangabad)⇔エローラ(Ellora) India
 
朝7:00過ぎ、アウランガーバードに着いた。
 
バスが停車した場所から目当ての宿までは、徒歩30分ほど。
歩いて行こうとすると、リクシャーワーラーが「たった20ルピー(36円)だ」と言ってくる。
安いな。だけど私は歩いてゆくよ。
するとリクシャーワーラーが「10ルピー(18円)でどうだ」と言ってくるので、「この宿を知っているか」と尋ねてみる。
「知っているが、そこは高額だ。安くてよい宿を知っている」と言うので、その話に乗ってみる事にした。
 
リクシャーは、私が希望するエリアとは反対の方角へと進んでゆく。
「私はセントラルバススタンドの近くを希望している」と言うと、「その辺りの宿は高い」と言う。
だけどリクシャーワーラーのお勧めの宿が気に入らなかった時に、そこまで戻るのが大変になる。
だから、当初予定していた宿に向かって欲しいと訴える。
すると「そこは2000ルピー(3600円)もする」などと大ボラを吹いてくる。
「ガイドブックには450ルピー(810円)と書いてある」と言うと、「それは古い情報だ」なんて言う。
私の持っているガイドブックは最新版だし、仮に値上げしていたとしてもそんなに急上昇するはずはない。
やはりこの男に従ってお勧めの宿なんか行くべきじゃないな。
「セントラルバススタンドまで行くなら20ルピー(36円)だ」などと言ってくるのだけど、「それでいいから向かってくれ」とお願いをする。
 
目当ての宿は、やはりシングルルームが450ルピー(810円)だった。
あの嘘つきめ...。
だけど今は満室で、ダブルルーム600ルピーが最安。
さらにWiFiがロビーでしか使えないのに200ルピーもすると言う。
トータルで800ルピー(1440円)。
見せてもらった部屋は、お世辞にも綺麗とは言い難い部屋。
コストパフォーマンスが悪すぎる。
オーナーが出てきて、あと2時間待てばシングルルームが案内できるし、WiFiも追加100ルピーでよいと言う。
だけど今はWiFiの調子が悪いから、3日間は使えないと。
いや、それでは追加料金を払う意味がないよ。。。
 
その様子を隣で見ていた謎の男が、500ルピー(900円)で室内にトイレ付き、WiFiも室内利用可能な宿に案内してくれると言う。
謎の男に付いて行くのは避けたいんだけどなーと思いつつ、他にいいアイディアもないので話に乗ることにした。
 
彼の運転する車代(タクシー代?)が20ルピー(36円)だと言う。
 
彼に連れられて、鉄道駅の近くに来た。
 
見せてもらった宿は、500ルピーならば別によいかなと思える部屋。
だけど近くにガイドブックに載っていた宿もあるので、そっちも見てみよう。
目の前の宿を2件ほど訪ねるも、丁度インド人学生の団体が来ていて満室だった。
だから先ほどの宿に戻る。
 
「INDRADEEP」
部屋自体は普通の「インドの安宿」といった感じなのだけど、オーナーの人柄が私の好きなタイプ。
穏やかで、どちらかと言うとネパールで良く会った様なタイプの人間だ。
こう言う人、本当に好き。お父さんみたい。
 
たまには、通りすがりのインド人の話に乗ってみるのも悪くない。
信用して大丈夫な人なのかの、見極めが必要ではあるけれど。
 
 
約13時間の夜行バス移動を経て、まだ何も食べていない。
駅前の通りに行ってみると、そこは久々にレストランの選択肢がありそうな街並み。
さすが、世界遺産エローラ」や「アジャンター」への拠点の町なだけある。
観光客がそこそこに訪れる町には、そこそこに食事処も用意されているのだ。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220756j:plain

 
しかしインド人が「外食をしない人種」というわけではない。
ローカル客で賑わう良さげなレストランを見つけて入ってみる。
 
朝食なので、軽めにサンドイッチを注文。
カレーじゃない朝食が食べられるなんて...幸せ過ぎる。
 
そして早速、アクティブに郊外へ観光に出かける事にした。
アウランガーバードから北へ約1時間ほど走った場所にある「エローラ」という遺跡を目指す。
 
セントラルバスステーションまでリクシャーで40ルピー(72円)。
駅前に宿を取ってしまったので、どこへ行くにもリクシャー移動が必須になってしまった。
 
バスステーションの窓口で、「エローラに行きたい」と言ってみる。
すると「11番だ」と教えてくれる。
いや、11番がどれなのか私にはわからないよ。表示は全てヒンディーだからね。
親切な人が、「エローラ行きのバスはこれだよ」と教えてくれる。
 
これか!
 

f:id:tabi-kurage:20180109220801j:plain

 
車内には、たくさんのローカル。外国人は、私を含め2人だけ。
念の為バス車内の乗客に「エローラ行きのバスはこれであっているか」と聞いていたから、
バスが目的地に近づいた頃に「ここだよ」と教えてくれた。
 
世界遺産エローラ」  入場料500ルピー(900円)
 
ここには「仏教石窟群」「ヒンドゥー石窟群」「ジャイナ石窟群」と3宗教の石窟群がある。
そしてその洞窟の数は、なんと合わせて34窟。
 
100年以上もの時間をかけて、毎日毎日「カナヅチとノミだけで」手作業で掘り続けられていた。
当時の平均寿命は30歳ほどというから、数世代に渡る途方もない作業。
 
入り口には、可愛いお猿さん。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220823j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109220812j:plain

 
インド人の子どもが猿を見て号泣していた。
こんなに可愛い動物なのに。
 
とても穏やかで広大な敷地を、のんびりと歩く。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220847j:plain

 
■「仏教石窟群」第1~12窟(7~8世紀)
 

f:id:tabi-kurage:20180109220855j:plain

 
こじんまりとした洞窟が多い中、第10窟は大きかった。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220917j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109220940j:plain

 
これが「置かれているもの」ではなくて「掘り進めて浮き上がったもの」だというのだから凄い。
 
12窟は、廃墟の学校の様な見た目。
長崎の軍艦島を思い出してしまう。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221021j:plain

 
外では、何やらカナヅチで作業をしている人たちがいる。
このカナヅチの音色を聞いていると、「あぁ百年以上もの間、この音が鳴り響き続けていたんだな」と感慨深い気持ちになる。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221111j:plain

 
■「ヒンドゥー石窟群」第13~29窟(6~9世紀)
 
仏教が衰退していく中、勢いをつけて来たのがヒンドゥー教
 
まずは第15窟。階段を上ってゆく。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221138j:plain

 
そこは、開放的な空間だった。
仏教石窟群は、どこも暗くて素朴だったのに。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221220j:plain

 
あぁ、しかしここまで開放的になるまで掘り続けたという事だよね。
 
そして一番の見どころ
カイラーサナータ寺院(第16窟)
 
寺院の脇に道があったので、登ってみる。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221256j:plain

 
上から眺めると、カイラーサナータ寺院の壮大さがよくわかる。
 
この岩をさ、ここまで掘ったんだよ。100年以上もかけて。
想像もつかない、途方もない作業だ。
 
寺院の裏手まで登る。
広大なデカン高原の中に堂々と鎮座するこのエローラ遺跡群。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221334j:plain

 
当時の人々は、一体どんな気持ちでこれを造っていたのだろう。
 
これを造り始めようと思って、ただの岩山の前で最初のノミを振り上げた人。
完成を見届ける事もできず、ただ途中の経過にだけ加わった人。
そして、完成前の最後の一振りを入れた人。
 
未だ完成しない、スペインの「サグラダファミリア」を思い出す。
私の曽孫くらいの世代の子供たちがサグラダファミリアを見た時、
今の私の様に、ずっと昔の人々に想いを馳せながら、完成後のその姿を眺めるのかな。
なんだか不思議。
 
そして寺院に入場してみる。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221358j:plain

 
ヒンドゥーの神様たちは、仏教のそれとは全く雰囲気が違う。
躍動感あふれ、のびのびと自由だ。
さすが、多神教ヒンドゥー
 

f:id:tabi-kurage:20180109221448j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109221504j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109221512j:plain

 
ヒンドゥー教にとって、象は偉大な存在の様だ。
ほとんど鼻ないけど。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221423j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109221458j:plain

 
ガイドブックに、こんな注意書きがある。
「第16窟を先に見ると、ほかが色あせて見えるので、第16窟を最後に見るのもいいだろう」
 
その通り、他が色あせて見える様になってしまったので、ただただ洞窟沿いを散歩しよう。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221519j:plain

 
...と思ったのだけど、27窟以降は通行止めで行けなくなっていた。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221525j:plain

 
あの先には、「ジャイナ石窟群」があるのに。
 
だけど疲れたな。極寒の夜行バスのおかげで寝不足だし。
もうこのまま帰ってしまおうかな。
 
とりあえずゲートに戻ってみる。
そこには、意味深にバスが止まっていた。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221535j:plain

 
バスを見ていたら、乗務員らしき人が「ジャイナ石窟群行きだよ」と教えてくれた。
これに乗ってみる事にしよう。往復で21ルピー(37円)。
 
着いたところは、とても素朴な場所だった。
のんびりとした風景の中に、洞窟が3つならんでいる。
 
■「ジャイナ教石窟群」第30~34窟(9世紀頃)
 

f:id:tabi-kurage:20180109221541j:plain

 
ここにも象。象はジャイナ教でも力強い存在なのだろうか。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221548j:plain

 
洞窟の入り口に座っていた係員風の男性が、中を案内してくれた。
 
彼はなんとかっていう神で、象に座っている。
 

f:id:tabi-kurage:20180109221553j:plain

 
そして彼女は、その彼の妻で、こちらはライオンに座っている。
 

f:id:tabi-kurage:20180109223045j:plain

 
ジャイナは、仏教やヒンドゥーとはまた違った雰囲気。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220518j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109221601j:plain

 
係員風の男性は、暗闇の中へずんずんと進んでいく。
あぁ、そんなところまで道が繋がっていたのか。
私一人だったら、絶対に手前までしか行っていなかっただろうな。
 
彼が壁をライトで照らすと、そこには壁画が描かれていた。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220456j:plain

 
これも一人だったら絶対に発見できていない。
 
「あの階段の向こうにも寺院があるよ」と教えてくれたので、今度は一人で行ってみる。
特に「ガイド料を寄越せ」などと言われる事もなく。ただの親切な人だった。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220608j:plain

 
洞窟の中の広い空間に、ぽつりと一つだけ偶像が佇んでいた。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220641j:plain

f:id:tabi-kurage:20180109220647j:plain

 
この場所からは、デカン高原の広大な景色を見る事ができる。
霞がかっているけれど...。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220702j:plain

 
再びバスに乗りゲートに戻る。
 
エローラ石窟群。
100年以上もの間、何世代にもわたってコツコツと掘り続けられていた石窟群。
3つの宗教の制作時期は重なる部分もあるのに、それが共存しているというのが素晴らしい。
 
 
帰りのバスはどこから乗るのかな~と考えていたら、アメリカ人男性と日本人女性の夫婦に声をかけられる。
何故かバス2台に素通りされてしまったので、通りがかりのジープに乗せてもらう事にした。1人わずか50ルピー(90円)。
 
男性はとうにリタイアをしている年齢で、女性はまだまだ働き盛りのハツラツとした人。
「国籍」と「年齢」と、2つの大きなギャップを乗り越えて結婚したのだから凄い。
どちらか1つだけでも、とても大変な事だと思うのに。
 
しかしこの女性と私とは、かなり感覚が違う様だ。
 
女性「ご飯は駅前で食べた方がいいよ~!バスターミナル付近は、とても入れない様な店しかないから」
 
(私、たぶんそんな店で普通に食べてます...)
 
女性「そのルートはバス移動厳しいと思うよ!山を越えるから、10時間以上はかかるよ!」
 
(私、今朝13時間の移動を終えたばかりです。それに、15時間以上だって平気です...)
 
女性「南インドは綺麗だったよ~。え?ラジャスタンが良かったって?まぁ、デリーとかに比べれば""比較的""いいかもね」
 
(比較的とかじゃなくて...最高でしたよジャイサルメール
 
女性「だけど〇〇は期待外れだったかな~、汚かったよ」
 
(それでも期待するけどね。自分の目で見た事だけ信じます)
 
女性「このジープ、あり得ないね。運転も荒いし、あの状況で追い越しするなんて驚き」
 
(私的には、とっても快適な乗り物ですが)
 
たぶん、この女性の感覚が「一般的な感覚」なんだろうな。
私は、一般とは大分かけ離れているようだ。
 
 
ジープを降りて、ガイドブックでお勧めされていたお店を目指す。
少し遠そうだから、リクシャーに乗って行こう。
 
言い値の70ルピー(126円)を60ルピー(108円)にしてもらった。
だけど少し苦笑いをされてしまったから、70ルピーが妥当だったのかもしれない。
だって着いたところは、私が想像していたよりも、ずっと遠い所だったから。
だから私は、言い値通りの70ルピーを払ってリクシャーを降りた。
 
「クリーム・ン・クランチ(Kream n Krunch)」
 
お店の中は、高級レストランの様な雰囲気だった。
いや、言い過ぎかな...?中級レストランくらいかな?
まぁとにかく、いつも行っている「ローカルレストラン」とはまるで違うという事。
 
こんなところは...一人で来ても寂しいな。
 
ここは色々な国の料理が食べられるという事だったのだけど、何故かいつもの様に「モモ」を頼んでしまうワンパターンな私。
だってメニューを見ても、なんだか良くわからないし。
そして良くわからないままに、適当に注文したスープが絶品だった。
イチゴとマンゴーのスムージーも最高。
 

f:id:tabi-kurage:20180109220724j:plain

 
なんと懐かしの「箸」まで出てきたので、モモを箸で食べてみよう。
だけど、下手糞すぎて全く掴めない。。。
恥ずかしいから、すぐにフォークに持ち直す。
私、箸も使えなくなってしまったみたいだ。なんてこった。
 
食べ終わった頃、「デザートは如何ですか?」とウェイターがメニューを持ってきた。
お腹いっぱいなのだけど...だけどもう少しこの空間に浸っていたい私は、また適当にデザートを注文する。
 
ここは「インド」ではない。
いや、これもまたインドの一面なのかもしれない。
だってインドの中流、上流階級の人々は、私たちが想像するよりもずっと格が高いのだ。
 
静かで綺麗な空間に座る。
美味しい料理を食べて、ローカルのそれとはまた違った「おもてなし」を受ける。
耳を澄ませれば、遠くからはクラクションのけたましい音が聞こえてくる。
そんな、外とは異質な、隔離された不思議空間。
インドのお金持ちたちは、一体どんな気持ちで町を歩くのだろう。
いや、歩かないのかな。ドライバー付きのマイカー移動だよね。
 
お会計のビル(レシート)が、自転車に乗って運ばれてきた。
何これ!笑 可愛い過ぎる!
 

f:id:tabi-kurage:20180109220747j:plain

 
お会計は、920ルピー(1656円)もした。
この旅で一番リッチな夕食だ。
だけどたまには、こういうのもいいよね。
 
 
帰りに、またリクシャーを拾う。
「駅まで」と伝えて、80ルピー(144円)。
一回一回は安いんだけど、この町はどこへ行くにもリクシャー移動になる。
塵も積もればで、出費がかさんで行く。
 
駅までと伝えてあったのに、「本当はどこへ行きたいのか」と聞かれる。
ゲストハウス名を伝えてみる。
「だけど近いから駅でいいよ」と言ったのだけど、「知っている場所だから」とゲストハウスまで連れていってくれた。
 
この町も、親切なインド人が多い。
リクシャーワーラーも、比較的良心的な初値を付けてくる人が多いし。
 
なんだか過ごしやすいな、アウランガーバード。