sea moon

sea moon

~女ひとりでインド・ネパール旅~

昨日の今日で、また乗るよインド鉄道(ブッダガヤ→ニューデリー)

 2017/11/18~2017/11/19  バラナシ(インド)→ニューデリー(インド)
 
朝のマハーボディー寺院に行ってみた。
昨日と同じ手順で、境内に入る。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231920j:plain

 
このブッダが思考して歩いていた道を私も歩いていると、仏教徒の身なりをした男に声を掛けられる。
少し話したあと、境内を案内してくれる流れになった。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231924j:plain

 
これは...普通ならついて行かないけれど、仏教徒の身なりだし信頼できるよね。
と思うのが正解なのか、そう思わせる「手口」なのかわからない。
 
お昼にブッダガヤを去る予定の私は、賭けに出て万が一負けた場合「最後に悪印象」を残すことになる。
という事で、今回は安全な方の道を選ぶ事にする。
 
 
列車の乗車時間は、約14時間の予定。
列車での食事替わりにお菓子を買っておこうと思い、路上のワゴンを物色。
 
すると、子どもが3人近寄って来た。
「このお菓子は10ルピー!」
「(私が見ている)そのお菓子より、こっちのお菓子の方がいい!」
 
最初は、お菓子のお勧めを教えてくれてるのかな?とか、このワゴンのおじちゃんの子が商売のお手伝いかな?なんて思っていた。
しかし、どうやら私に「お菓子を買ってほしい」とオネダリをしているらしい事がわかった。
 
う~ん、どうしようか。
 
とりあえず無視をして、おじちゃんと相談しながら自分のお菓子を3つ選ぶ。
「これとこれとこれ、1つづつ下さい」
 
「......。あと、(子どもが欲しがっている)これを3つ下さい」
 
まぁ、いっか。なんとなく。
教育上どうなのかなんてわからないけど。
お金をねだる子よりも、よっぽど健全な子たちだもんね。
 
 
列車の出発は14時20分。
一時間ほど前から、オートリクシャーを探し始める。
宿の人に相場を聞くと、一人なら200ルピー(360円)、シェアなら20ルピー(36円)との事だ。
 
大きなバックパックを背負って歩いていると、たくさんのリクシャーワーラーに囲まれる。
最初は50ルピー(90円)くらいからスタート。駅前のリクシャーワーラーよりは良心的だ。
最終的には、35ルピー(63円)になった。
 
同じ行先の人を探しながら進むので、時間がかかる。
「この列車に間に合う様に行ってほしい」という要望は伝えてあるのだけど。
 
まぁ、予定通り出発するはずもないのだし、10分くらいなら遅刻しても余裕だよね。
 
リクシャーは、出発予定時刻の15分前に到着。
 
この駅にも電光掲示板があった。
表示には、出発予定時刻14:40と記載されている。
 
えー。絶対遅延していると思っていたのに。
まさか、予定通り出発するのか...!?
 
とりあえず、向かってみる。
ホームの番号がわからないので、「〇番ホームはどこか」と人に聞いて探す。
 
すると、既に列車が停車をしていた。
「今日は何時間待ちかな」なんて思っていたので、拍子抜け。
 
そして、インド鉄道の勝手が大分わかってきた。
 
列車番号が、列車の車両に記載されている。(今回は12397)
ここで、自分の列車がこれで合っているのかを確認。
 
そして、車両ごとに車両番号が割り振られている。(今回はS4)
これで、自分の乗る車両を見つけて乗り込む。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231929j:plain

 
乗り込むと、番号が振ってあるのでそこに座る。(今回は63)
 

f:id:tabi-kurage:20171202231933j:plain

 
以上!
 
難しいと思っていたけど、今回はスムーズに辿り着くことができた。
 
 
私の寝台は2段中2段目なのだけど、今は昼なので1段目で過ごす。
窓の外を眺めながら、音楽なんて聴きながら。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231846j:plain

 
向かいの席に座っている高圧的な女に「金をよこせ!!!」と手を差し出される。
いやいや、何代だよ。「何で?」と聞いても答えない。
とにかく、「金をよこせ」の一点張りだ。
私がもう少し若かったら、「列車の乗車に必要な、何か追加料金かな?」なんて思って払っていたかもしれない。
それくらい、あたかも正当な理由があるかの様な堂々たる態度なのだ。
物乞いには見えないんだけどな...なんだろう。
 
 
途中で、インド人の女の子が隣に座る。
彼女は何故か私に興味津々で、色々話しかけてくる。
 
知的な顔立ちの、キュートな女の子。
頭のいい学校に通う学生さんかな~なんて思っていたら、なんと銀行員だった。
 
銀行員はインドでも高給取りなんじゃないのかなと思ったけど、
「私は日本へは行けない。だって物凄く高いんだもん」と言われ、何とも言えない気持ちになった。
 
 
彼女は、バラナシより少し手前の駅で降りるみたいだ。
 
間もなく彼女の駅に止まろうというときに、彼女は真剣なまなざしで語りかけて来た。
 
「いい?インドでは、be carefulだよ!」
「絶対に、鞄から目を離してはダメ」
「携帯電話を目の前に置くのもダメ。常に手に握りしめていて。」
「くれぐれも、気を付けて」
 
私、インド思ったほど治安悪くないななんて思い始めていた。
鬱陶しい人は無視をすればいいし、納得のいかない金額を提示されれば払わなければいい。
少額のぼったくりなら多々あるだろうけど、大きな被害に会うのは稀なんじゃないかって。
 
あぁだけど、旅慣れてきて油断をしていたみたい。
まさかインド人に「インド気を付けて」なんて言われるとは思わなかった。
 
気を付けよう。このタイミングで、忠告をもらえてよかった。
 
 
彼女が降りていった後、私は自分の寝台に上がる事にした。
そこには2人のインド人がいたので、「その場所を使いたいから席を交換してほしい」とお願いをする。
そもそも私の予約席を勝手に使っている立場なので、頼まれれば移動するのが筋だ。
しかし、「ご飯食べてるから少し待って」と言われる。
...まぁ、仕方ないか。。。
 
少し待っても降りてくる気配がない。
これは、私からまた言わないと自主的には動かないパターンかなと思い再度催促をする。
すると、まだ食事が終わっていない様だ。
マイペースにもほどがある...。
 
何度主張してもヘラヘラ笑うだけで移動してくれない。
丁度乗務員が見回りに来たので、「私はこの席を使いたい」とチケットを見せながら主張する。
乗務員が私に協力をしてくれて、ようやく2段目で身体を伸ばせるようになった。
蚊&ダニ対策で寝袋を敷く。
あとは、朝4時30分の到着を待つのみだ。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231851j:plain

 
朝4時30分、もちろん列車はまだ着かない。
 
それは構わないのだけど...この列車はニューデリーが終点なのだろうか。
もし終点じゃないとしたら、私はいつ降りればいいんだろう。
アナウンスがあるわけでも、車内に電光掲示板があるわけでもない。
地図アプリのGPSは、私の席では反応しない。
 
仕方がないので、駅に止まる度に出入口まで行き、ドアから手を伸ばしてGPSをキャッチする。
あぁ、、、地道過ぎる。
 
そんな事を8時半まで続けると、ニューデリーに着いた。
乗客が全員降りていく。終点だったー。
 
到着時間は4時間遅れ。
乗車時間、18時間。
 
だけど出発は定刻だったから、全く苦ではない。
13時間も駅で待ち続ける苦痛を味わった私には、大抵の事は容易いのだ。
 
 
ニューデリー駅は、想像よりも近代的な都市だった。
 
駅には、なんとエスカレーターまである。
しかしエスカレーターに恐る恐る挑戦したおばちゃんが、上手に乗れずに転んでしまう。
乗り場でサポートしてくれたおじちゃんの手を中々離さないのが原因だ。
怖いなら階段使えばいいのに。。。いや、でも乗ってみたかったんだよね。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231902j:plain

 
エスカレーターを登りきると案内板があって、左右どちらに進んでよいのかが一目でわかる。
 
案内板に従い外に出る。
人と車の量はとても多いのだけど、整然としている。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231907j:plain

 
リクシャーワーラーが話しかけてくる。
彼等は、ニューデリー駅に到着したばかりの旅人を騙す筆頭者たちだ。
バラナシで出会った大学生も、ここでやられたのだ。
 
リクシャーワーラーは無視をして、通行人に地下鉄の乗り場を訪ねる。
するとリクシャーワーラー近づいてきて、「あっちだ」と教えてくれる。
 
え?「地下鉄は今動いていないから俺のリクシャーに乗れよ」とか言わないの?
 
その「あっち」の方向に歩いて行くと、地下鉄の「出口」を発見。
だけど「入り口」がわからない。
 
すると路面店の人が「地下鉄乗るの?それならあっちだよ」と教えてくれる。
 
え?私何も聞いていないのに。まずは「俺の店で買えよ」じゃないの?
 
なんか覚悟して来たから拍子抜けだニューデリー駅。
インド中で最もクレイジーな駅だと思っていたのに。
バラナシやブッダガヤの方が、よっぽど難易度が高い様に思える。
まだ駅前しか知らないけど。
 

f:id:tabi-kurage:20171202231916j:plain

 
地下鉄に降りると、構内の手前で係員に行先を聞かれる。
「その駅なら5番か6番の窓口で切符を買って、ホームは1番線だよ」と言われる。親切!
 
6番の窓口で切符を買う。終点の1つ手前の駅まで乗って20ルピー(36円)。
 
ホームには、きちんと行先の表示がされてあった。わかり易い!
 
地下鉄に乗ると、学生らしき若い女の子に席を譲られる。
多分大きなバックパックを背負った私に気を使ったんだ。
「いやいや、大丈夫です!」と遠慮するものの、最終的にはお言葉に甘える流れになる。
 
順調に、目的の駅に着く。
 
そこは、とても静かで近代的な場所。
「今私はインドにいる」という事を、忘れてしまう。
ここは、一体どこなんだ。異次元に迷い込んだみたいだ。
 
それにしても、ニューデリー。人々が全く騙してこない。
それどころか、こちらからアクションを起こさなくても親切に誘導をしてくれる。
そのおかげもあって、スムーズに目的地まで辿り着くことができた。
なんだよ、ニューデリー。いいところじゃないか。
街歩きをすれば、また印象も違うんだろうけど。
 
駅から、目的の場所までリクシャーを使う。
事前情報では、相場は50~70ルピー。
 
リクシャーワーラーに値段を聞いてみると、皆一様に「50ルピー(90円)」と答える。
相場通りだ。全く上乗せして来ない。
すると、「40ルピー(72円)」と言うリクシャーが出たのでそれに乗る。
 
リクシャーは、順調に目的地に着く。
40ルピーを渡すと、「通行止めで遠回りをしたから50ルピーだ」なんて言ってくる。
あぁ、自分だけ値下げしたのにはそんなカラクリがあったのか。
「最初に約束をしたのだから、40ルピーしか払わない」と言って、その場を立ち去る。
その対応で、特に問題は起こらない。
 
 
私はここで、ある人と待ち合わせ。
通りすがりのインド人に電話を借りて、待ち合わせ相手に電話をかける。
そのインド人は親切に電話を貸してくれたし、特に電話代を請求される事もなかった。
 
 
「トレッカー」から「ツーリスト」に戻って約2週間。
私はまた、ツーリストをお休みする事になったのです。
 
いや~、全く旅行してないな私。