seamoon

下山時も油断大敵!富士山の山肌にお供え物...。<富士山山頂→8合5尺>

富士山を下山。
ここからは、砂煙が舞うルート。
煙を吸わない様にマスクを付け、靴に砂が入らないようにスパッツを付ける。
 
なんだか、マスクを付けた事によって苦しさが増した様だ。
早く降りなくちゃ。
 
下山を開始すると、8合5尺の山小屋まであと少しというところで、
苦しさに耐えきれなくなる。
 
高山病には最新の注意を払っていたけれど、
「無事に山頂にたどり着いたっ!」..という気持ちから油断をしていたかもしれない。
 
しまった。
酸素が足りません。。
 
立ち止まって、ぼぉーっと少し下の山小屋を見つめる。
もう少し歩けば山小屋。
だけど、その少しが歩けない。
 
思わずしゃがみこんだ。
 
すると、通りすがりの男性が声をかけてきた。
「大丈夫ですか?」
「荷物、代わりに持ちましょうか?」
 
優しい....
だけど、こんなところで人様に迷惑をかけるわけにはいかない。
 
「大丈夫です...」
と声を絞り出して答え、立ち上がって歩き出す。
 
だけど、その無理がたたった。
ほんの数歩で倒れこむようにしゃがみ、そして...。
 
朝食べた朝食と、先ほど山頂で食べた豚汁。
不本意ながらも、全て富士山にお供えをする羽目になった。

すると、先ほど心配して声をかけてくれた男性が、
未開封のお水1本と、まだたっぷりと入っているウェットティッシュを恵んでくださった。
 
あぁ、神様の様な男性。
 
それに引き換え、私の相棒は何をしていたかというと、
下から見上げてニヤニヤしていただけ。
(さっさと私を置いて次の山小屋に到着していた)
 
ようやく異変に気づいて登ってきてくれて、助けてくれた男性にお礼をいう。
 
そして、私を気遣う前に何をしたかというと、、、
 
!!!!!!
 
私のお供え物の写真を撮っているではないか!
 
あぁ、見ず知らずの男性はあんなに親切にしてくださったというのに。
 
そして、通りかかる人たちがざわざわとしているのが遠目に聞こえる。
 
「あの子大丈夫!?めっちゃ吐いてるんだけど!!」
 
もう苦しすぎて、周りの目なんか気にならないけどね。
 
最終的には優しい私の相棒は、そこから私の荷物を持ってくれる事になったとさ。