seamoon

富士山ご来光<須走ルート:本7合目>

朝4:40。
既にほんのり紅く色付く空を、静かに人々が見守る。
 

f:id:tabi-kurage:20170917170214j:plain

 

眼下には雲が広がっていて、前日にあった上方の雲は晴れていた。
 
朝5:00。
 
真っすぐと広がる雲海の真ん中に、ポツリともっこりした雲が浮かんでいる。
 

f:id:tabi-kurage:20170917170218j:plain

 

丁度そこの雲のある場所が、明るく光りだす。

 

え...!

雲の淵が黄金に輝きだす。

 

f:id:tabi-kurage:20170917170223j:plain

 

...と思っていたら、ちょっと外れて横から覗きだす火の玉。
 

f:id:tabi-kurage:20170917170227j:plain

 

静かに見守っていた人々からも、歓声の声が漏れる。

おぉ~!!
 

f:id:tabi-kurage:20170917170232j:plain

f:id:tabi-kurage:20170917170239j:plain

 

陽の光に照らされて、雲の形が鮮明に見えてくる。
ただただ真っすぐな雲海だと思っていたけれど、ちゃんと表情があったんだ。
 
 
紅い世界から、完全に朝になった頃、人々は山小屋へと帰って行った。
 
だけど何人かは、明るくなった世界に見とれ続けている。
 
きっと車やロープウェイで簡単にこの景色をみる事ができたら、
また感想は違うんだと思う。
 
辛い思いをしながらここまで来て、
高山の辛い夜を過ごしてようやくきた朝だからこそ、
 
昨年の無念を抱えて、1年越しに見る事ができた景色だからこそ、
 
感じる気持ちがあるんだろうな。
 
そして、これから何度同じルートで富士山に登ったとしても、
この景色は二度とみれないんだ。
 
当たり前だけど。
 
自然は、一度見たら二度と同じ顔を見せない。
 
だからこそ、辛い思いをしながらも、何度も来てしまう人がいるのかもしれない。
 

f:id:tabi-kurage:20170917170243j:plain


景色に見とれていたら、いつの間にか朝食が最後になってしまった。
 
もう早々と出発してしまった人が沢山いる。
 
よしっ!
朝食を食べたら、出発だっ!