seamoon

パラオで空中散歩 ~セスナ体験!~ 

ついに最終日。

夜中の4時25分のフライトで帰国。
 
帰りたくなさすぎて涙がでそう。
 
湿っぽい気持ちになりながら、朝の空港に向かう。
 

f:id:tabi-kurage:20160820171340j:plain

 
まだ帰るわけではない。
目的は、、、これ。
 

f:id:tabi-kurage:20160820171446j:plain

 
セスナ♡
 
なんと、4日間満喫したパラオを空から拝めるのです!
あのモコモコした島の感じとか、広い海とか、どの様に見えるのか楽しみ。
 

f:id:tabi-kurage:20160820171406j:plain

 
まずは空港のラウンジで説明を受ける。
清潔で綺麗なラウンジ。
飲み物もあるし、パソコンスペースもある。
 
パラオの出国便は夜が多いから、
最終日は宿に滞在せずにここで過ごす人も増えているのだとか。
 
確かに快適だからそれもありかも。
 
プラス10ドルでセスナの右側の扉を外してフライトしてくれる。
 
※注意※
女性(...と髪の長い男性)は髪の毛をゴムで結びましょう。
風が強くて、髪の毛が顔にバシバシ当たってとても痛いです。
(後れ毛程度の量でも痛い。。。)
 
そんな目に合うとは知らず、髪をなびかせて出発!!
 
凄い!
 

f:id:tabi-kurage:20160820171549j:plain

 
地球の広さと丸さを実感。
 
海で実感するパラオと空から実感するパラオ
どちらも同じパラオなのに、見える景色が全然違う。
 
あれは、泥パックでお馴染みのミルキーウェイ

 

f:id:tabi-kurage:20160820171516j:plain

 
ここだけ色が違うのが、空からでも分かる。
 
そして、毒のないクラゲが住む湖ジェリーフィッシュレイク
 

f:id:tabi-kurage:20160820171621j:plain

 
真ん中の辺りが茶色く濁って見えるのは、
くらげの大群がいるから。
 
湖が濁って見えるほどの量なんだ。
 
そしてこれは「ジャーマンチャネル」
 

f:id:tabi-kurage:20160820171653j:plain

 
昔、パラオに上陸する為にドイツ人が作った水路。
 
パラオは上陸するのが難しい地形だったみたいで、
それまでは誰にも占領されずにいた程。
 
 
そして!
このセスナツアーのメイン。
 
「セブンティ―アイランド」!
 
 

f:id:tabi-kurage:20160820171727j:plain

(う~ん。。)
 
何故かここだけ霧がかかっていて、セスナも揺れが激しく良い写真が撮れなかった。
ここはパンフレットの表紙にもなる、パラオの象徴のエリアなのに。
 
あとで相棒P氏に凄くガッカリされた。
いつか絶対リベンジするって。
その時は自分で写真撮るって。(くそ~。)
 

f:id:tabi-kurage:20160820171759j:plain

 
何枚かトライしたけど、パンフレット並みのアングルでは取れず、
無情にも引き返す事に。
 
空港近くまで来ると、
パラオの街並みが一望できる。
 
橋も立派だ。
 

f:id:tabi-kurage:20160820171831j:plain

 

f:id:tabi-kurage:20160820171314j:plain

 
楽しい空の旅、終了!
 
セブンティアイランドはリベンジするとしても、
他のエリアは晴れていたし大満足☆
 
充実した午前中になった。
 
次は、パラオ旅行最後のアクティビティ!